気まま

期間限定予定な鮒ブログ 腐要素有りなので注意
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
EXODUS9話感想
遡り感想。
主にTwitterから自分用にまとめたものです。

そうかずまやちゃんが好きです。
第9話 英雄

・あーー……もう、好きだよ……好きだよ……

・一騎「あいつが食おうとしているのが、この街のミールなのか」
総士「おそらくそうだ」
一騎「なら、守らないとな」
倒さないとな、ではなく守らないとな、という言葉を使う一騎がやっぱり一騎らしいなぁと思うよ……。

・一騎で人類軍を助けた時も、家出して人類軍と共に戦った時も。「倒す」ではなく「守る」ことが常に目的だったもんなぁ。エグゾダスでは自分だけ楽園に居て、人類軍は自分の因子で戦い、島の子供達も戦いに参加して。そんな中、やっと守る為にファフナーに乗れて、今生きていることに感謝してる。

・マークザイン(ザルヴァートルモデル)の思想と本当にマッチしてるんだよなぁ…。よかったね日野さん。それと対になってニヒトの戦い方が本当にコントロール利かないレベルで強くてしかもフェストゥムの力を奪う(同化)事が出来てめっちゃぞくぞくしました。

・存在と無だよなぁぁ本当に好きだ……。ぐるぐる考えずに見たからもう後半の挿入歌イントロが掛かってからの鳥肌が半端なかった。そして2人が一緒に戦ってるんだぞ!!!!!どうしたら!!!!泣いた!!!!!なんかもうこっちがいい夢見せてもらった感あるよ……!!!

・挿入歌と映像のクロッシングがもうTVで見ていいのってくらいすごく良くて、まるで劇伴のようだった…。そして曲の終わりで一騎の全体同化引き受けるマンの結晶パリパリ音が来て、もう鳥肌しかないよ!!!

・あとEDの映像が一期を彷彿とさせるアレでもう!ねぇ!はい!!!ご褒美しかない

・Aパートはもう真矢ちゃんとアイちゃんのとこで泣いてました。よ、よかったよ……人を、殺さなくて済んで……。

・今回真矢ちゃんの表情が本当にどことっても良くて、感情が常に溢れてて、Bパートの「一騎くん、ごめんね、あたしじゃ守れなくて、ごめんね」のとことか、表情と真矢の消えそうな声がもう!本当!!そのあと暉くんが「遠見先輩……」って言ってるのがな!!!!!

・憎しみと虚無の塊なんやて……そんなんばっかり学んで本当フェストゥムぅ……

・芹ちゃんたちパワーアップと同じ音楽が、ジョナサンさんがザルヴァートルモデル語ってる時に掛かってたけど今回はもう不安感よりも2人に圧倒された。それくらい、2人に安心感があったよ……

・Aパート最初の「あなたはそこにいますか」に広登が「見りゃあ分かるだろー!」って言ってるところが本当にいい加減なんでこんなことしかしないんだっていう憤りも感じられてぐってなる

・そういやハワイの戦闘で、同じ結果を見たナレインたちとビリーのお兄ちゃんたちで、道を別ってしまったのかなぁと。ビリーのお兄ちゃんたちは「同化された仲間を助けようとして、さらに多くの部隊が壊滅する。そんな事態を二度と許す気は無い」って言ってるもんなぁ。

・あーーーーしかしエメリーちゃん生きてましたな!!!完全に前回の話で弓子さんに引き継いだと思ってしまってごめんね……まだ生きてやることあるよね……!

・暉くんの「皆の言う通りだ。来るべきじゃ、なかった。こんなところで、島以外で死にたくない」が本当に!!!!本当!!!それな!!!!!

・あーーーもうなんかそんな感想よりもクロッシング!?→その時、蒼穹へですよ!!!!!そして!!!ザインとニヒト!!!!もう!!ありがとうございます!!!!

・アイちゃんと真矢のコックピットを取り出せば!のとこの表情本当に良いんだよなぁぁ本当に泣く……好きだよぉぉーーーー!!!!!最後に眼見開いて閉じるとことかさ!!!あぁー!!!

・あと最後の一騎の叫びな!!!あーーもう本当!!ありがとうございます……

・こう、本当、テレビでこれだけ全力な作品を堪能出来るの、すごく幸せです……ありがとうございます……

・結晶畑と空を同じ一枚で映すの本当に感動した……

・総士と一騎の関係て、第一シリーズはすれ違いから対話出来るようになる迄の《過去》からの脱却だったけど、そこからエグゾダスで《今》を生きる二人が見れて、曲の歌詞でも《今》がよく入ってるから、これから《未来》を考えて何を祝福するのかが2クール目で見られるんじゃないかと思ったりします…。

・そしてその祝福が人類とフェストゥムにどう影響を与えてあの憎しみばかりが増え過ぎてしまった世界が変わるのか、変われるのか、すごく、ドキドキします。

・そんなことを思いながら、今は、本当に、一騎と総士が今を生きて戦ってる姿に、不安よりも、すごく嬉しい気持ちが勝ったことに自分でびっくりした。それだけ、一騎の言葉も、総士の姿も、生き生きしていて、良かったなぁって。来週にはまた不安になるだろうから今だけは。

・左目の傷があるから総士を総士にしたんだけど、あの傷をつけたことによって、一騎は総士に対しての後ろめたさとか自己否定が強まって(海から落ちた)今の一騎にした。だからこそ、2人が対話して理解し合っていても、その傷が一騎と総士だけの唯一であることに固執してたらうううーーーん!!!日本語

・つまり一騎はやっぱりいつまでも総士に固執してて欲しい気持ちと、総士は一騎のそんな気持ちに気付きながら、過去も今もその想いに甘えて(というか何も言わない)て欲しいという妄想

・2巻のブックレットの総士とニヒトの変性意識が、短い文章なのに凶器レベルの破壊力で私は……

・そうかずーーー!!!!そっそうかずなんやでーーー!!!!!

・太陽と月BGMにブックレット読みながらごろごろ悶えて最後はそうかずーーー!!!!
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。