気まま

期間限定予定な鮒ブログ 腐要素有りなので注意
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
予告編公開!
ファフナー公式サイトと映画館で予告公開されましたね!
12月1日の深夜に公開されてからかれこれ見過ぎて脳の容量を越えてる感じがします。
先日の「蒼穹」主題歌初公開の時は、メロディが激しいのにも関わらず、歌詞を聴き、唄声を聴いてる内に息苦しくて繰り返し聴けなかったのですががが。
もう、動揺と動悸と手の震えが未だに止まりません。←

と思ったら次の日偶然に映画館に行き、映画館で予告見てしまいました。
息が詰まりました。止まりました。

そんな訳で、ついったー内で叫んでいた予告感想をまとめてみました。
自分メモも兼ねて。


▼鳥肌が、とまらない
▼剣司とか咲良とか真矢とかもう出てきただけで泣きそうに。姿キチンと見れて良かった。
▼皆の私服とか新規シナスーとか蒼穹が綺麗で、操発言とか色々。どうしたらいいの。
▼一騎がザインに乗り込む瞬間とかもう、もう…!戦闘も楽しみすぎるし主題歌も…!過呼吸になる。
▼皆大人っぽくなったなあ(一騎以外)。あとザインのシーンで本編BGMが流れるだけで鳥肌→泣きそうになる。
▼機体内でのシステム画面とか結構変わってて格好良くて楽しみすぎる
▼一時停止連続しまくって戦闘シーン格好良過ぎてもう…!
▼10回目でもマウス持つ手の震えが止まらないんだがががが。主題歌かかる直前から心臓ばくばくする。
▼最初の総士ナレから動悸がどうしたらいいの。幼女は弓子さん子供かと思ってます。
▼咲良の目の色が、光の加減なのか分からないけど、赤いままに見えます…。全快ではなさそうな気配が。剣司へのパンチの角度からも考えると車椅子っぽい気がします。
▼戦闘シーン見ながら、叫びとか叫びとか台詞を脳内妄想しながら観てたらにやけが止まらない。
▼真矢もカノンも格好良すぎてやばいです。そしてザイン内の一騎をもっと…!とか思ったりした
▼後輩組スキーとしては、予告で一切出ない事が気になりつつも、戦闘に参加してるのかしてないのかドキドキしてます…!あわわわ
▼板野サーカス辺り一時停止しまくってみたけどよく分からない…とりあえずもっと大画面…!
▼人物紹介テロップの「羽佐間カノン」に涙。カノンが「ここに居る事」を決めた結果が形で表れて良かった。
▼私服一騎がザインに乗ってるとこで燃えと同時に萌え滾る→一時停止
▼最後のスタッフ一覧に監督名がない事実。
▼スタッフ一覧に後輩組に里奈ちゃん弟(兄?)が。双子設定が映画化でメインな場所に…!
▼西尾暉(あきら)は、声に障害があった気がするけど、CVもついてるので、もしかしたら戦闘参加→クロッシング中なら話せるとかあり得る話だなあと。しかし病気持ちの死亡フラグが…危ない。 出演して死亡だなんてそんry
▼ツイッター内での、フォロワーさんの仮説で、「里奈:CDC配属のまま/暉:戦闘 で里奈と会話できないまま死亡」というので、うわあ…!ありそうでやりそうなエピソード過ぎてorz本編で出来なかったエピソードっぽい感じですしね後輩組…!
▼操の「痛みがry」発言が気になり。操がワルキューレの岩戸と同じ結晶に保護されていたのもそうですし。イドゥンと同じような存在だけど、思考が違うから行動も変わっているのか。
▼イドゥンのように元々の存在に同化した→データ上は来主操だけど中身はもう全く違う存在かなあ。でもファフナーだけに【来主操】の名前にも意味があるからこそ気になり…!
▼操のデータは島ではなく、艦にあったデータなのかなあと予想してみたり。
▼予告のせいで操の存在、一騎の視線や想い、空白期間の戦闘の有無、咲良の病状、剣司のポジション、西尾双子(特に暉)が気になってしょうがない。総士については映画公開まで情報はもう来ないのかなあと思ったり。一番キーですし。
▼今のメインビジュアルも、以前の「総士にすがってる一騎+操」なメインビジュアルも、どちらにしても、一騎は総士に縋りたかったり、自身を(というか、想いを)守りたかったりのように見えます。不安定な一騎を見てるとにやにやがとまらない。操さん総士さん出番ですよー!みたいな。
▼予告の何となく見づらかった部分、ニヒト再登場に最後のは新型らしいですね…ドキドキ

何て言うか、纏めると、「これで、公式を信じて静かに公開待てる。ありがとう…ありがとう…!」って気持ち。
そして今日から池袋の映画館前のディスプレイがファフナー一色になるみたいで、早くこの目で見たいです^///^
色んな方の写メで何となくは分かったのですが折角なので拝んできたいです♪
そしてそして。今日はオールナイト上映会のチケット発売日な訳で。私自身は行けないので、どうか行ける方には大スクリーンで本編を堪能してきてもらいたいです。羨ましくてぎりぎりします。(笑)
本当に、本編をスクリーンで見れる機会があるなんて、夢のようで、私も行きたかったです。涙出そう。
そんな訳で、行けない当人はのんびり妄想してにやにやしてようと思います。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。